愛知育児院

南山の郷は緑豊かな南山の地に根ざす「愛知育児院」の敷地内にある高齢者向け施設です。

特別養護老人ホーム 南山の郷(ショートステイ) ご利用料金

平成30年4月現在

基本サービス費

個室 実施単位 要介護 単位数 利用者負担額
1日につき 要支援1 437単位 474円
要支援2 543単位 588円
要介護1 584単位 633円
要介護2 652単位 707円
要介護3 722単位 782円
要介護4 790単位 856円
要介護5 856単位 927円
多床室 実施単位 要介護 単位数 利用者負担額
1日につき 要支援1 437単位 474円
要支援2 543単位 588円
要介護1 584単位 633円
要介護2 652単位 707円
要介護3 722単位 782円
要介護4 790単位 856円
要介護5 856単位 927円

※「利用者負担額」は、一定以上の所得の方にいては2割負担となりますので、上記、「利用者負担額」の約2倍の額となります。負担割合については、「介護保険負担割合証」にて確認ください。

介護保険負担限度額認定(対象となる方は下記の料金になります)

区 分 対象者 居住費 食 費
第1段階 ・生活保護被保険者
・世帯全員が市町村民税非課税の老齢福祉年金受給者・世帯全員が市町村民税非課税かつ本人年金収入など80万円以下の方
個室320円 300円
多床室0円
第2段階 ・世帯全員が市町村民税非課税かつ本人年金収入等の80万円超120万円以下の方 個室420円 390円
多床室370円
第3段階 ・世帯全員が市町村民税非課税かつ本人年金収入120万円超の方 個室820円 650円
多床室370円
第4段階 ・上記以外の方 個室1,150円 1,380円
多床室840円

※所得に応じて軽減されます。居室と食費に係わる自己負担額について、負担限度額認定を受けている場合には、認定証に記載されている滞在費及び食費の負担限度額(1日あたりの料金)となります。利用者負担段階につきましては、各市町村介護福祉・保険担当窓口までお問い合わせ下さい。

介護保険適用外分

電気料金 テレビ等(1品目)1日 35円 個人使用のテレビや暖房器具等の電気代
暖房器具(1品目)1日 40円
おむつ代 おむつ代金は介護給付対象となっていますので、ご負担はありません

個室料金

要介護度 所得段階(上記参照) 介護保険料
(1割負担分)
居住費 食 費 合計
要支援1 第1段階 549円 320円 300円 1,169円
第2段階 420円 390円 1,359円
第3段階 820円 650円 2,019円
第4段階 1,150円 1,380円 3,079円
要支援2 第1段階 672円 320円 300円 1,292円
第2段階 420円 390円 1,482円
第3段階 820円 650円 2,142円
第4段階 1,150円 1,380円 3,202円
要介護1 第1段階 778円 320円 300円 1,398円
第2段階 420円 390円 1,588円
第3段階 820円 650円 2,248円
第4段階 1,150円 1,380円 3,308円
要介護2 第1段階 858円 320円 300円 1,478円
第2段階 420円 390円 1,668円
第3段階 820円 650円 2,328円
第4段階 1,150円 1,380円 3,388円
要介護3 第1段階 939円 320円 300円 1,559円
第2段階 420円 390円 1,749円
第3段階 820円 650円 2,409円
第4段階 1,150円 1,380円 3,469円
要介護4 第1段階 1,019円 320円 300円 1,639円
第2段階 420円 390円 1,829円
第3段階 820円 650円 2,489円
第4段階 1,150円 1,380円 3,549円
要介護5 第1段階 1,096円 320円 300円 1,716円
第2段階 420円 390円 1,906円
第3段階 820円 650円 2,566円
第4段階 1,150円 1,380円 3,626円

多床室料金

要介護度 所得段階(上記参照) 介護保険料
(1割負担分)
居住費 食 費 合計
要支援1 第1段階 552円 0円 300円 852円
第2段階 370円 390円 1,312円
第3段階 370円 650円 1,572円
第4段階 840円 1,380円 2,772円
要支援2 第1段階 676円 0円 300円 976円
第2段階 370円 390円 1,436円
第3段階 370円 650円 1,696円
第4段階 840円 1,380円 2,896円
要介護1 第1段階 784円 0円 300円 1,084円
第2段階 370円 390円 1,544円
第3段階 370円 650円 1,804円
第4段階 840円 1,380円 3,004円
要介護2 第1段階 868円 0円 300円 1,168円
第2段階 370円 390円 1,628円
第3段階 370円 650円 1,888円
第4段階 840円 1,380円 3,088円
要介護3 第1段階 945円 0円 300円 1,245円
第2段階 370円 390円 1,705円
第3段階 370円 650円 1,965円
第4段階 840円 1,380円 3,165円
要介護4 第1段階 1,025円 0円 300円 1,325円
第2段階 370円 390円 1,785円
第3段階 370円 650円 2,045円
第4段階 840円 1,380円 3,245円
要介護5 第1段階 1,106円 0円 300円 1,406円
第2段階 370円 390円 1,866円
第3段階 370円 650円 2,126円
第4段階 840円 1,380円 3,326円

※上記の介護保険料1割負担内に利用時に掛かる全ての加算が入っています。

※利用料金を計算したときに1円の端数が出ることがあります。

※食費については、1,380円(朝食250円・昼食610円・夕食520円)をご負担頂きます。

介護保険分

介護福祉施設加算 サービス区分 実施単位 単位数(日) ご利用者負担額 概 要
看護体制加算(Ⅲ)イ
※要介護者のみ
1日につき 12単位 13円 下記参照
看護体制加算(Ⅳ)イ
※要介護者のみ
1日につき 23単位 25円
夜勤職員配置加算(Ⅲ)
※要介護者のみ
1日につき 15単位 17円
機能訓練体制加算 1日につき 12単位 13円
サービス提供体制強化加算(Ⅰ)イ 1日につき 18単位 20円
介護職員処遇改善加算(Ⅰ) 基本サービス費に各種加算・減算を加えた総単位数×8.3%×地域区分単価(10.83円)-介護保険給付額=利用者負担額

※上記の加算は、基本サービス費と一緒に必ずかかる加算になります。

加算について

※個別加算については利用時説明いたします。

※看護体制加算(Ⅲ)イ・(Ⅳ)イとは…
常勤看護師を1名以上配置
看護職員の数が常勤換算方法で1名以上配置し、協力医療機関との24時間連携体制を確保し、要介護3以上の利用者を70%以上受け入れる体制の場合に加算されるものです。 介護予防対象外
※夜勤職員配置加算(Ⅲ)とは…
夜勤の職員配置基準より1以上多く配置し喀痰吸引等の医療行為ができる介護職員を配置している場合に加算されるものです。 介護予防対象外
※機能訓練体制加算とは…
専従の機能訓練指導員を配置している場合に加算されるものです。
※サービス提供体制強化加算(Ⅰ) イとは…
介護従事者の専門性等のキャリアを評価する目的として、介護福祉士が50%以上配置している事業所に加算されるものです。
※介護職員処遇改善加算(Ⅰ)とは…
国が定める介護職員の賃金等の改善に適合している事業所について介護職員処遇改善加算(8.3%)としてご利用者負担があります。

個別加算

介護福祉施設加算 サービス区分 実施単位 単位数(日) ご利用者負担額 概 要
在宅中重度者受入加算
※要介護者のみ
1日につき 413単位 448円 下記参照
若年性認知症利用者受入加算 1日につき 120単位 130円
認知症行動・心理症状緊急対応加算 1日につき 200単位 217円
個別機能訓練体制加算
※要介護者のみ
1日につき 56単位 61円
緊急短期入所受入加算
※要介護者のみ
1日につき 90単位 98円
医療連携強化加算
※要介護者のみ
1日につき 58単位 63円
長期利用者の基本報酬減算 1日につき -30単位 -33円
送迎加算 片道につき 184単位 200円
療養食加算 1回につき 8単位 9円

※上記の加算は、必ずかかるものではなく一定の条件により個別に算定する加算です。

加算について
※在宅中重度受入加算とは…
外部の訪問看護を利用して健康管理上の管理を行った場合(1回あたり)に加算されるものです。
※若年性認知症利用者受入加算とは…
若年性認知症の利用者を受け入れ、個別に担当者を決め必要に応じたサービスを提供する場合に加算されるものです。
※認知症行動・心理症状緊急対応加算とは…
認知症の状態がある一定以上で、認知症行動・心理症状が認められ在宅生活が困難であると医師が判断した方を緊急で受け入れた場合(7日間を上限)に加算されるものです。
※緊急短期入所受入加算
利用者の状態や家族などの事情により、介護支援専門員が緊急に短期入所生活介護を受けることが必要と認められた者に対し、居宅サービス計画に位置づけられていない短期入所生活介護を緊急に行った場合(原則7日間)に加算されるものです。
※個別機能訓練加算(機能訓練体制加算同日算定)
機能訓練指導員が個別機能訓練計画を作成し、有する身体機能を活用して生活機能の維持・向上を目的として実施する個別の機能訓練を実施した場合に加算されるものです。
※医療連携強化加算
利用者の急変の予測や早期発見などの為に看護職員による定期的な主治医と連絡が取れないなどの場合の対応の取り決めを事前に行う等の措置を講じた場合【対象者:痰吸引・胃瘻・経管栄養・人工膀胱・人工肛門・人工呼吸器・褥瘡などにより医療の処置が必要な方】に加算されるものです。
※長期利用者の基本報酬減算
利用が長期間の利用者(自費利用などを挟み実質連続30日を超える利用者)は減算されます。なお、減算対象期間の自費利用日の利用については減算を適用しない10割負担の額となります。
※送迎加算
心身の状態や送迎手段のない方に対して、リフト車等による送迎を行った場合に加算されます。
※療養食加算とは…
医師の発行する食事箋に基づく療養食を提供した場合に1日3回を限度に加算されるものです。

特別養護老人ホーム 南山の郷(ショートステイ)詳細ページへもどる


TOP